私ってMHSWだったの?PSWとMHSWについて現役精神保健福祉士が説明

スキルアップ
スポンサーリンク

こんにちは、ちあきです。

タイトルのとおり、今回のテーマはPSWとMHSWです。

結論からいいますと、PSWとMHSWは精神保健福祉士の略称です。

MHSWってなに?

いつのまに変わったの??

という声が今にも聞こえて来そうです。MHSW名称について解説します。

MHSWとは

MHSWとはメンタルヘルスソーシャルワーカーの略称です。2020年日本精神保健福祉士協会の総会にて、協会名称の英語表記と略称が「MHSW」に変更になりました。

変更の理由としては、精神保健福祉士の活躍が期待される場が精神科領域だけではなく、幅広い分野でメンタルヘルスの課題に対応することが求められる時代背景を反映してのようです。

関連ページをいくつかあたりましたが、「いついつこのような理由で変更しました」という正式な文書らしきものは見つからず、2020年の総会で変更になったという事実がわかりました。

たしかに2020年以降、MHSWが視界に入ってきてはいましたが、

「ふぅーん、メンタルヘルスの略なのかな~」

くらいの認識で、まさか精神保健福祉士である自分がイコールMHSWだとは思ってもいませんでした。

PSW名称について

PSWはPsychiatric Social Workerサイキアトリックソーシャルワーカー)の略称で、精神保健福祉士が国家資格化される以前から長きにわたり親しまれてきました。

「P」は専門職アイデンティティーの象徴でもあったため、変更の議論は長期にわたったようです。

たしかに現場ではPSWという呼び方が定着しています。

医療機関ではPSWは、MSW(メディカルソーシャルワーカー)と区別されるため、MHSWとMSWでは紛らわしくなりそうです。

変更後数年が経ちますが、まだ変更について知らない人も多いことから、果たして今後MHSW名称が定着するのかという疑問も湧いてきます。

MHSWの自覚を新たに持ちつつ、PSWとしてのアイデンティティーは自分の中にあり続けると思います。

とり急ぎ、トップページのプロフィール欄にMHSWを追記してみました!